明日やろうは馬鹿野郎であるというお話。

こんにちは、RIKOです!

2019年3月20日にブログを立ち上げてもうすぐで2ヶ月を迎えようとしています。そしてこの記事がなんと50記事目!!ブログで成功している人達の言葉を引用すると”ブログは100記事を書いてからが本番!”。スタート地点にたてるよう、私も初心者ながら100記事を目指して毎日色んな事にアンテナを張って生活するよう心がけています。

さて、このサイト「OL TIMES」では私が実際に体験した事のみを発信しているんですが、タイトルから察して頂けたかと思いますが、50記事目では少し精神論的な事を書いていきたいと思います。(自分への戒めも込めて!!)

タイトルにある明日やろうは馬鹿野郎って?

ことわざでもないのに、何故か皆1度は耳にした事があるフレーズではないでしょうか。「明日やろうは馬鹿野郎」のフレーズは昔放送していた「プロポーズ大作戦」というドラマの中で、なかなか告白できない主人公に対して幼馴染のおじいちゃんが言ったセリフです。明日何が起こるかは誰にもわからないので後で後悔しないためには先延ばしせず、今すぐ行動に移すことが大切だと教えてくれる言葉です。

このドラマでは恋愛的な意味で使われていますが、この言葉は何にでも通用する言葉だと思います。

他の人と差をつけたいのに行動に移さない人

生まれ持って天才的に頭の回転が早かったりとか、クリエイティブの才能があって他の誰にもマネできないような絵を書ける人だったりとか、特別な何かを既に持っている人は別ですが、大抵の人は生まれてから今現在までどれだけ努力をしてきたのか、どれだけ知識を貯めてきたのかで才能に差がついていると思います。

他の人と差をつけるたった1つの方法は、他の人がやっていない時にやる!!!!!これだけです。本当に。

ここではブログの更新について例を出したいと思います。例えば、AさんとBさん2人が同時期にブログを始めたとします。Aさんは何かと理由をつけて1ヶ月に10記事しか更新していない。それに比べてBさんは仕事もプライベートも忙しいけど、なんとか自分にハッパをかけて1ヶ月に30記事を更新したとします。

それを半年間続けると、Aさんは半年で60記事の更新。Bさんは半年で180記事の更新。とたった半年で3倍の差が開いてきます。Bさんは毎日ブログの更新が辛かったかもしれませんが、知識やノウハウはAさんの3倍ついているんです。

これを半年、1年間、3年間、10年間と継続しているともう絶対に追いつかない程の差が生まれてしまうので、Aさんはちょっとやそっとの事では差を埋める事ができなくなってしまいます。

明日やろうとする人は明日も結局やらない

明日やろうとする人って結局何かと理由つけて明日は明日でやらないんですよね。どうせその”明日”も「やっぱり明日やろう」になって一生やりません。後で後悔するのは自分自身なので、今やらなかったら未来の自分が困るんだと思い込んで今すぐに行動に移しましょう。

行動に移すためには

まずは目標を明確にしましょう。目標がないと、最初頑張っていたとしても途中で挫折してしまいます。なので、最初の目標設定のところでは時間をたっぷり使って問題ないと思います。目標を決めたら後は突き進むだけ!!

何を目標にしていいのか分からない時は、”何の為にそれをしてるのか”という事を見つめ直してみてください。もし何日も考えても見つからなかったら何か無理矢理にでも目標を作ってみてください。

「ブログ頑張ろう〜。」と目標を立てるのと「1週間で5記事ブログをUPしよう〜。」という目標だと行動の移し方がだいぶ違ってきますよね。

という事で精神論になってしまいましたが、自分へのメッセージも込めて書きました。私の場合まずは100記事に到達するまで、”明日やろうは馬鹿野郎!”のメッセージを胸に刻んで走り続けたいと思います。