【副業】〜初心者向け〜クラウドワークスで仕事を獲得する方法

こんにちは。私は今、メインのお仕事を正社員で働きつつ副業としてライターや編集、PRコンサルタントのお仕事をしています!今はありがたい事にクラウドワークス外でもお仕事を頂いているのですが、私が最初に副業として始めたのはクラウドワークスからでした。

クラウドワークスって本当に稼げるの?!お仕事ってすぐ貰えるものなの?!といった疑問に答えていきたいと思います。

結論から言うと”稼げます”

もちろん、クラウドワークスを始めた1ヶ月後にすぐ何十万円も稼ぐなんて夢のような話しではないです。ただ、きちんと準備して、やる事をやれば半年後には収入の他にもプラスαで稼ぐことは絶対にできます!まず、クラウドワークスを始めてから何をすれば良いのか、順を追って説明していきたいと思います。

まずはプロフィールを充実させて相手を信用させよう

応募型プロジェクトの場合も、最初にクライアントが見るのはプロフィールページです。写真が設定されていなかったり、プロフィールの中身が適当ですかすかだと相手の信用も失います。

●プロフィール画像の設定
●職歴(企業名は伏せてOKです。)
●身分証明証の認証
●スキル(※初心者です。などのマイナスな自己紹介は避けておきましょう。)
●仕事への熱意・やる気

↑これぐらいは最低限でも更新しておきましょう。

そんなの分かってるよ!という方も、これでもかというぐらい細かくプロフィールを設定してください。また、身分証明証の提示をクラウドワークス側にする事で、プロフィールが正式に認証されるのでこれも忘れないようにしてください!

最初は単価の安い案件をばんばんこなそう!

↑こんな感じで安い単価のお仕事がごろごろとクラウドワークスにはあります。

知識やスキルが無い初心者でもすぐにアサインできるのが、単価が低い仕事です。主にライターは単価の低いものから高いものまであり、最初は1文字0.2円なんていう案件もざらにあります。まずは単価の低いもので良いので、案件を10件ぐらいこなしてみましょう。案件をこなした後の、クライアントからの評価で、クラウドワークス上での自分の価値があがります。

スキルを身につけよう

仕事に慣れてきて自分のスキルが磨かれてきたと感じたら高単価の案件に挑戦してみましょう。ライターなら誰でもチャレンジできますが、人のお話を熱心に聞いてまとめる事が好きであればインタビュー記事、広報やPRに興味があるのであればプレスリリース記事に挑戦してみましょう!

↑こんな感じで予算は相談っていう案件もたくさんあります。

特にプレスリリースをかける人材はクラウドワークス上でも枯渇しているようなので、一度案件を引き受けて継続してもらうか、自分からばんばん営業をかけて収入を交渉してみましょう!!

クラウドワークス外で稼ぐには

ここからは応用篇になりますが、クラウドワークスで稼げるようになってきたら、WantedlyやLinkedInから直接企業に営業していってみてください。個人の提案なんて聞いてくれないのでは?!と初心者であれば思うと思いますが、意外と提案の場を設けてくれたり、特にベンチャー企業であれば人材を求めているところが多いです。クラウドワークス上だと手数料も取られてしまいますが、直接企業と契約を結べば手数料無し!

何かチャレンジしたいと思ったらすぐに行動するのが吉!

精神論かもしれませんが、例えば今の生活にプラスαのお金があったら◯◯に行けるな〜だったり◯◯を食べれるな〜とぼんやりでも思っていれば、行動してみてください。クラウドワークスを始めて見て、一銭も稼げなかったとしてもそれも自分の経験・知識になります。絶対何百万円稼げるよ!といった方法では無いですが、地道に続けていれば必ず成果は出てくると保証します!!!

クラウドワークスの登録はこちらから★

https://crowdworks.jp/user/new_email