【奄美大島】島全体がパワースポット!弾丸で今すぐでもいける1泊2日のモデルコースを紹介!

奄美大島は鹿児島と沖縄の中間地点に位置する島で、日本の島の中では沖縄本島・佐渡島に次いで3番目に大きな島です。なかなか知られていない秘境の地なんですが、弾丸で行く旅行先にぴったり!且つ人が全然いなくて穴場なので1泊2日のモデルコースを紹介していきたいと思います。

奄美大島に行くのは往復2万円と安い!!

東京から奄美大島に行くのであれば、飛行機(バニラエア)を利用すれば土日でも往復2万円位内におさまります。比較的空いている平日だと、往復で1万5千円で行けちゃうことも・・・!時間は成田空港から奄美空港まで2時間40分ぐらい。バニラエアからは行きも帰りも1本しか出ていないので乗り遅れないように気をつけましょう。

●行き 10:40⇒13:15
●帰り 13:55⇒16:10

空港から1番近いビーチ”土盛海岸”

奄美大島での移動は、バス・レンタカー・タクシーになるんですが、時間にあまり余裕のない方にはレンタカーがおすすめ!空港からすぐのところにあるので事前に予約しておけばOKです♪

車を借りて早速、空港から約4kmと1番近くて奄美大島でも1番綺麗と言われているビーチ、「土盛海岸」に行きました。

透明すぎて感動・・・

私が行ったのは9月なんですが人が本当にいなくてずっとぷかぷかして遊んでいました。9月でも暖かいので海に入って遊ぶ事ができるよ!

見渡す限り綺麗なオーシャンブルーで1日中そこにいれるぐらい魅力的な場所でした♥静かな海を眺めながらビーチ沿いでのんびりするのもおすすめかも。

ビーチ目の前”リゾートホテルばしゃ山村”でランチ

車でドライブをしていると目にとびこんできたお店。ビーチが目の前にあって海を眺めながら食べる事のできるレストランです。

奄美の郷土料理といえば、「鶏飯(けいはん)」なんですが、私は何故かお刺身を食べたい気分だったのでお刺身定食を頼みました。(笑) 
ちなみに鶏飯とは、ごはんの上に具材を乗せてその上から丸鶏スープをかけて食べる料理のことです。

スープカレーも食べてる(笑)

展望台から眺めを一望できる”あやまる岬”

土盛海岸から更に車で9分ほどのところに位置する観光名所。「土盛海岸」から「あやまる岬」までは2kmほどなので本当にすぐの距離にあります!

奥は岩場になっている遠浅の海岸があるんですが、ここがもう綺麗すぎてずっと眺められます。そして、コンクリートの道があるので岩場の近くまで歩いて行くことができ、ここが最高のフォトスポット写真は加工なしなんですが、海の中に立っているかのような気分を味わえました。空と海の境界線が一体化してブルー1色の空間にいるみたい♪

夜飲むならここしかない!屋仁川通り

奄美大島1の繁華街、屋仁川通りの居酒屋「やーまん酒場串魂」で夜ご飯。おすすめは串焼き!種類も30 種類と豊富でお値段もとっても安かったです。周りには安いスナックやバーなどがあり、地元の人もちらほらといるので、地元の人と一緒にはしご酒して楽しく飲むのもありですよ♪

いかがでしたでしょうか。1泊2日の弾丸でもこんなに楽しめます!何より、ビーチが綺麗!!!!本当に透き通るような美しさなので時間が許す限りずーっとそこにいたくなる、そんな場所です。土日でも2万円と費用も安いのでエネルギーチャージとして行ってみてはいかがでしょうか?